女医とバルトレックス

CONTENTS

バルトレックスならヘルペスに勝てる

バトルレックス100mg

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬です。
ヘルペスウイルスが原因の単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそう、性器ヘルペスなどの治療に効果的なお薬です。
バルトレックスは服用開始が早いほど、より高い効果を発揮します。
治療薬には飲み薬だけでなく、塗り薬や点滴などもあり、症状によって使い分けられています。
帯状疱疹や水ぼうそう、性器ヘルペスの場合は飲み薬、口唇ヘルペスには塗り薬、ヘルペス脳炎などには点滴によって投与されます。
飲み薬の服用量は症状によって異なります。

成人の場合、単純疱疹なら1回500mgを1日2回、帯状疱疹や水ぼうそうなら1回1000mgを1日3回、性器ヘルペスなら1回500mgを1日1回、水やぬるま湯と一緒に服用します。
バルトレックスは副作用が起こりにくいお薬ですが、体質によって発疹や頭痛、下痢、吐き気などの症状が出ることがあります。
眠気やめまい、ふらつきが起こることもあるので、服用後の車の運転には注意が必要です。
また飲みすぎると意識障害や精神障害を起こしやすくなるので、自己判断での薬の増量は絶対にしてはいけません。
腎機能障害の方や高齢の方、妊娠をしている方は副作用を防ぎ、安全に使用するためにも事前に医師に相談をすることが大切です。
めったにありませんが、急性腎不全や血尿、アナフィラキシー様症状、皮下出血、間質性肺炎などの重い副作用が出てしまうこともあります。

服用中に少しでも体調に異変を感じた場合は速やかに医師の診察を受けることが大切です。
また痛風の薬であるプロベネシドや胃腸薬のシメチジン、喘息の薬のテオフィリンなどと併用すると副作用が起こりやすくなるので、薬の飲み合わせにも注意が必要です。
バルトレックスの成分はバラシクロビルです。こちらについて調べるのも良いでしょう。

バラシクロビル塩酸塩の作用メカニズム

注意喚起をしている医者

性器ヘルペスや帯状疱疹に使われる藥のひとつとしてバラシクロビル塩酸塩がありますが、投与の注意事項として、大きくは副作用に気を付ける必要があります。
目安は、7日間服用して改善が見られない場合もしくは、悪化した場合は、他の治療に切り替える必要があります。
注意は、高齢者と腎機能障害のある患者には、精神神経症等の症状が現れることがあるので要注意となります。

作用機序は、バラシクロビルの活性代謝物であるアシクロビルは、ヘルペス群ウィルス感染細胞内でウィルス誘導のチミジンキナーゼにより酸化されて活性型のアシクロビル三りん酸となり、ウィルスDNAポリメラーゼを阻害するとともにウィルスのDNAに取り込まれてウィルスのDNA鎖形成を阻害することです。
尚正常細胞ではこの活性化を受けないので、正常細胞への影響は極めて低いと言えます。
この作用機序から本薬が採用される場合が多々あるのですが、副作用との絡みから医者の判断が重要である藥です。
高齢者、腎機能障害を持つ患者だけでなく妊婦等への投与の際も投与間隔と量そして見極め期間が最重要と言えます。
基本投与量は、帯状疱疹では1回500mgを1日2回経口投与する。
またヘルペスでは1回500mgを1日1回経口投与するようになっています。

性器ヘルペスが発症する色々な原因

ベッドの中の男女

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスにより水ぶくれが局部的にいくつもできてしまう病気です。
ヘルペスは体のどこででも発症する可能性がありますが、特に性器では発症しやすいです。
性器で発症したヘルペスは、性器ヘルペスと呼ばれています。

性器ヘルペスは、性交渉によって人に感染します。
ウイルスですから、免疫力の高い人の場合は、感染しないこともあります。
しかしヘルペスウイルスは、比較的感染力の高いウイルスです。
しかも性交渉では、性器の皮膚粘膜がこすれて小さな傷ができてしまいやすいです。
そのため、そこからヘルペスウイルスが入り込んでしまうことがよくあります。

また、性交渉以外にも色々な原因があります。
たとえば出産時に、母体の性器にヘルペスウイルスがついていた場合には、生まれた赤ちゃんに感染することがあります。
また、性器に触れた手で他の人に触れると、そこから感染させてしまうこともあります。
さらに、患部をふいたバスタオルを他の人が使用することで、感染することもあります。

したがって、性器ヘルペスを発症している人との接触には、気をつける必要があります。
発症している人は、完治するまでは性交渉を避けたり、手洗いなどを心がけたりすることが大事です。