女医とバルトレックス

性病の初期症状とはどういったものが見られる?

性病にはさまざまな種類があり、その症状や潜伏期間などは一緒ではありません。
性病の中でももっとも認知度の高い病気はHIVです。
HIVというのはエイズウイルスのことを言い、正式名称はヒト免疫不全ウイルスと言います。
この病気の特徴は、感染してから発症までの期間が、ほかの性病と比べて長いことです。
HIVに感染してから長い潜伏期間が終わると、つぎに1週間~2週間ほどの初期症状が現れます。
HIVの初期症状は、発熱、リンパ節の腫れ、咽頭炎、発疹などがあります。
このほかにも筋肉痛や下痢など色々とありますが、症状には個人差があります。
そしてHIVでよく言われていることは、初期症状が風邪ととても似ているため、個人では区別することが難しいということです。

つぎに性病の中でも比較的感染者数が多い病気は淋病です。
淋病の特徴は、ほかの性病と同時感染しているケースが多いところです。
男性が感染した場合、ほとんどの人が自覚症状があります。
逆に女性が感染した場合は、自覚症状がない人が多いです。
初期症状として男性は、排尿時の痛み、尿道の不快感やかゆみ、尿道から膿が出るなどがあります。
女性の場合は、性器のかゆみ、下腹部の痛み、不正出血、おりもの増加などです。
初期症状が現れても放置をしていると、病気はますます悪化し深刻化していきます。

そして性病の中でも歴史の深い梅毒という病気は、長期間かけてじわじわと体中をむしばんでいくという特徴があります。
初期症状では、初期硬結という小指程度の赤いしこりが現れます。
初期硬結は引っ込んでなくなる場合と、潰瘍になる場合の2つがあります。
このように性病にはそれぞれ特徴があり、初期症状の現れ方も違います。