女医とバルトレックス

感染症予防接種は日本では受けている人が少ない

日本は医学や医療が進歩している国です。
そのため早期に病気を発見することや、最先端の機具を使用した治療を受けることが可能です。
しかし実は、感染症に対する予防接種の分野では、日本は先進国の中では遅れていると言われています。
その理由のひとつとして、感染症に対する予防接種の全てが無料で受けられるものではないためと言うことが挙げられます。
予防接種の内、無料もしくはそれに近い経済的負担で受けることができるものは、定期接種と呼ばれています。
これはいわば、国や自治体が乳幼児に対してその予防接種を強くすすめているものです。
ヒブ感染症の予防接種や小児肺炎球菌の予防接種、またジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオの4種混合予防接種や麻疹、風疹予防接種や水ぼうそう予防接種などがこれに該当します。

これに対し、予防接種を受けるか受けないかの判断からして、乳幼児であれば保護者の、そして成人であればその人本人の意思に任せられており、なおかつその費用は基本的には自己負担である予防接種は任意接種と言います。
A型肺炎にB型肺炎、ロタウイルスやおたふくかぜ、そしてインフルエンザ、狂犬病などの予防接種がこれに該当します。
しかし、任意接種だからと言って、決して医療的に見て症状が軽い感染症であるとか、なじみがない感染症だと言うわけではありません。
たとえばロタウイルスによる胃腸炎は急激に悪化し、激しい脱水少々や意識障害をもたらす場合があります。
おたふくかぜやインフルエンザは日本人にとっては非常になじみのある感染症で、近年では乳幼児は勿論のこと、大人になってから罹患する人が増えてきていることが話題になっています。
そして狂犬病は、日本では発生が途絶えていますが、世界中で見ればまだまだ罹患率の高い感染症です。
ですから、こうした日本ではあまり受けられていない感染症予防接種も、万が一のことを考えると受けておくべきだと言えます。